忍者ブログ

高知の田舎者がマイルを貯めて海外旅行 駄文だらけ

高知生まれ、高知育ち。 高知から三日以上離れたことがない田舎者。 高知をフラフラしてる毎日。映画、漫画、小説、カフェ、フットサル好き。 陸マイラー。コツコツとマイルを貯めて旅行中。大阪東京京都グアム。

グアム弾丸一人旅-2 前日の夜 思い出したのは演劇部だったころの僕だ

出発の前日。
僕は眠れなかった。高揚感に包まれたまま布団に入り眠れないまま時間が過ぎていた。
初めての海外旅行、一人旅。
そんな経験があまりなかったので、こんな事あったかと思い返してみると学生時代の初舞台前日を思い出した。
高校時代に演劇部に入っていた僕が、初めて舞台に立つことになる前の晩のことだ。
高校2年の5月。



演劇祭という名前の祭典だった。
高知の高校演劇部が各校出場して演目を披露する。
秋に行われるコンクールとは違い、楽しむ事を目的とした演劇祭だ。僕の部が演じる台本はコメディ色の強い台本で、僕も出演者の一人だった。


僕は台本を覚えれない。
役者失格なのに、役が決まっていて出演も決まっていた。

どんなに役者失格かというとセリフが文字のままで、覚えれない。なので役を自分に近づけて演じる。
言葉やしぐさを自分に近づけて、言いやすいように変換していく。
だから、笑いを取るシーンのセリフをほぼアドリブで、毎回違った。
それでも、通し稽古は笑いもとれたし不安はなかった。
はずだったのに、
不安は前日の夜に急にやってきた。
寝れない中、頭の中で練習を思い出す。台本のセリフは覚えた、通し稽古もした。しかし不安は消えてなくならなかった。
何に対する不安か。
受けるかどうかだ。笑い声が聞けるかどうかだ。



僕の演じる役はチンピラ役であったが、笑いを起こすシーンのメインだった。
セリフや動きもボケのような立ち回りが多い。練習では笑いは取れた。
しかし、笑っているのは同じ部活の仲間だ。
でも明日演じる舞台で笑わすのは僕の名前も知らない他人。
コメディなので観客に笑ってほしいが、笑いが取れるかどうか不安でならなかった。
知らない人を笑わす事が不安だった。
寝付いたのは、布団に入って2時間ほど過ぎたぐらいだと思う。


本番当日
僕たちの出番がやってきた。
開演カーテンが開いて、役者が飛び出していく。
僕の出番が近づいてくる。
血が冷たくなっていく感覚。
一度舞台に出たら、ほぼ最後まで出ずっぱりの台本だ。もう戻れない。
笑いを取る。それだけだ。
僕の出番だ。舞台へ飛び出していく。


1時間後、本番は成功だった。
笑い声を聞いて、アドレナリンが分泌されるのが分かった。高揚感に包まれて舞台が終わらなければいいとさえ思えた。
特に全部アドリブのセリフで笑いが生まれた時は、最高だ。
あんなに不安だった前日の夜。
その時の僕に言いたかった。
「心配するな、笑いを生れるし、快感だ」

グアム旅行前日。
何日か後の僕がやってきて、「心配するな。いい旅になる」
そう言った気がした。
眠りについた。


最後に
その時に演じた台本の紹介
GONGERAゴンゲラ
 浪人中の受験生の部屋につぎつぎと不可解な闖入者が現れるという不条理劇。



その時のビデオは、何回も見返した。
お笑い芸人さんが舞台をやめれなく理由が分かる。
PR

コメント

忍者カウンター

プロフィール

HN:
ケンヂ
Webサイト:
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
フットサル美術館小説映画漫画カメラ
自己紹介:
30歳をこえて陸マイラーデビュー。
憧れはバックパッカー。
好きな番組「旅猿」「内村さまぁーず」「クレイジージャーニー」「水曜日のダウンタウン」
憧れの地「シチリア」「キューバ」
好きな国内旅行地「京都」
好きな高知観光地「にこ淵」

ランキング バナー

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

スポンサー枠

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新コメント

[05/09 ケンヂ]
[05/09 さはら]
[09/26 AR]
[09/19 通りすがり]

スポンサー枠